家族葬の特徴やメリット、注意点について

葬儀というと、さまざまな方たちを大勢呼んで行う大規模なものをイメージされる方も多いでしょう。昔は大規模な葬儀というのが普通でしたし、今でも一般的な葬儀では多くの参列者を呼ぶ場合が多いと言えるでしょう。
しかし最近では、さまざまなスタイルの葬儀プランが用意されているため、必ずしも大規模に行う必要はなく、自分に合ったスタイルから選べるようになっています。その中でも小規模なスタイルの葬儀として家族葬と呼ばれるものがあり、都市部を中心に主流になってきているとも言われています。
ただ、この葬儀スタイルは比較的新しいものであるため、それがどのようなものなのか分からないという方も少なくないでしょう。そこでここでは、その特徴やメリット、そして注意点について分かりやすく紹介します。

身内だけの小規模な葬儀スタイル

まず家族葬とは、遺族や親戚といった身内などに参列者を限定し、小規模に行う葬儀スタイルのことを指します。参列者の規模としては、遺族だけの数人で行う場合から、ごく親しくしている友人や知人を加えた30人規模ぐらいまでというのが普通だと言えるでしょう。
そしてどの範囲までを呼ぶのかは特に決まりがあるわけではないため、それぞれの事情や希望によって決めることができます。
また、セレモニーホールに関しても、小規模用の会場を選ぶことができる場合があります。料金に関しては、葬儀本体の料金だけで見ると50万円程度が相場であり、一般的な葬儀が100万円以上かかるのと比べると安く済ませられると言えるでしょう。ただし、参列者の人数が少ないと香典による収入も少なくなるため、予算を考える際はその点も考慮しておきましょう。

知っておきたいメリットと注意点

家族葬のメリットとしては、アットホームな雰囲気の葬儀が行えるということが挙げられます。一般的な葬儀では、あまり会ったことがないような方を含めたさまざまな方が訪れるため、その対応をしていると気疲れしてしまうこともあります。
しかし、身内だけの小規模な葬儀なら、気心が知れたもの同士なのでリラックスした気分で葬儀が行えると言えるでしょう。
一方で注意点としては、後になって自宅へ弔問に訪れる方が出てくる場合があるということが挙げられます。参列者を限定する葬儀では、葬儀に参列したくてもできないという方が出てきて、後日弔問へ訪れるというケースが少なくありません。そのため、ある程度そのことを想定しておく必要がありますし、小規模スタイルで葬儀を行うことに対する理解を事前に得ておくことも重要です。

ご葬儀のことなら地域から愛され続けている昭和セレモニーへお任せください。 当社は昭和38年9月に設立致しました。 急なご葬儀が必要になってしまったお客さまでもしっかりと対応させていただきます。 当社はスタッフ全員の熱い気持ちと思いがお客様のアフターケアに繋がっています。 当社はお急ぎの方に対しても安心して頂ける24時間対応をご用意しております。 家族葬をお考えなら多種多様なプランがある昭和セレモニーで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加