少人数で行う家族葬の式場選びについて

家族葬は最近普及しつつある葬儀の形態ですが、これまで一般的だった地域や会社などを巻き込んだ大規模な葬儀とは対照的に、家族と親族や仲のよい友人などの少人数だけで葬儀を行うものをあらわしています。 遺族は従来よりも当日の参列者への儀礼的なあいさつやおもてなしで時間と手間をとられることが少ないため、落ち着いた心境で亡くなった人とお別れをすることができるメリットがあります。 こうしたケースでは、日頃から関心をもって情報収集をしておき、少人数にふさわしい式場を選ぶことも重要です。一般的な葬祭ホールや寺院は大規模な葬儀を前提としたつくりになっていることが多く、かならずしも目的には見合っていない可能性があります。逆に専用につくられた葬祭ホールもある上、生前から葬儀のプランを決められる互助会を使う方法などもあります。

自宅と葬祭ホールの違いを理解しておく

少人数の家族葬を営むにあたっては、葬儀社が運営している一般的な葬祭ホールではスペースが広すぎて、決して適したものとはいえない可能性があります。この場合、自宅をそのまま葬儀の式場にしてしまうことも考えられます。 ただし当日の流れは一般葬とそれほど変わらず、僧侶の読経や焼香があり、参列者を招いた精進落しなどの飲食をともなうのが普通です。自宅の場合にそれだけのスペースを確保できるかどうかは一考の余地があります。 逆に最近では少人数に特化した式場を設けた葬祭ホールも登場してきています。この場合は祭壇を置く部屋のほかにも、受付のホールや飲食ができる控室などが用意されており、きわめて機能的なつくりになっています。たとえ参列者が少人数でも機能が揃った葬祭ホールのほうが便利なため、こうした点を踏まえて判断することが重要です。

生前から互助会を利用する方法もある

家族葬は普及しつつあるとはいっても、葬儀社の中にはまだ対応が十分ではないところがあります。いざという時に遺族があわてずに済むようにするため、生前から一部の葬儀社が提供している互助会などのサービスの会員となって準備を進めておくことも考えられます。 互助会の中には積極的に小規模葬への対応を打ち出しているところがあり、こうした会に加入しておけば、式場選びで困ることがないほか、生前から式場の見学などをさせてもらって理解を深めることもできます。 亡くなった際には会員として格安の料金で葬儀ができる点も大きなメリットです。多くの場合、葬祭ディレクターなどの資格を持った経験豊富なスタッフも在籍しているため、会員として葬儀のプランをあらかじめ相談しておくこともできます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加