低価格が特徴の家族葬の費用について

葬儀の形式にはさまざまな種類が見られるものの、最近では家族葬なども割と多くなってきています。名前のとおり亡くなった人の家族が中心で、そのほかに遠方に住んでいる親戚や亡くなった人の親友などを交えて執り行う葬儀です。 これまでの一般葬と比較すると、明確に参列する人数が少ないことが特徴ですが、単に人数が少ないだけではなく、最初から参列を呼び掛ける人をセレクトしている点のほうが、どちらかといえば大きな特徴になっています。 このことによって、昔からのしきたりや社会的な関係だけにこだわらず、静かに亡くなった人を見送るという葬儀の趣旨が生かされるメリットがあることから人気ですが、いっぽうで費用のほうも一般葬と比較するとかなり安くできるというところにもメリットがあります。

一般葬よりも格安な点はメリット

家族葬として分類されている葬儀にも規模の違いはありますが、従来からの一般葬が100人や200人といった参列者を集めるのと比較すると、最大でも50人を超えることはまれで、参列者がごく少人数になっていることがわかります。 このような小規模な葬儀の場合、まずは会場のスペースが小さくてもよいほか、当日の葬儀社のスタッフの人数、通夜返しなどの物品の数なども少なくてすむため、費用的にもかなり割安になるのがメリットです。 具体的に一般葬が200万円から300万円程度、少なく見積もったとしてもやはり軽く100万円は超過してしまうのに対して、多くは100万円以下、たとえば一式を合わせても50万円程度でも可能な点は、経済的な余裕のない家庭にとっては大きなメリットとなってきます。

料金に含まれる内容を踏まえた活用を

このように家族葬の費用は一般葬に比べて半分からそれ以上にも節約できるところは大きなメリットですが、葬儀社の広告に掲載されているその金額が、どのような内容を含んでいるのかは最初に確認しておく必要があります。 たとえば祭壇や棺、骨壷などの基本的なセットはたしかに広告に掲載されている価格のとおりとしても、霊柩車による移送や遺影の写真、会葬御礼のはがきの印刷などはオプションとして別料金になっている可能性があるためです。 したがって事前に見積りを出してもらった上で、その内容に不審な点があれば、ひとつずつスタッフに質問をして確認を済ませた上で活用することが大切です。そのほかにも菩提寺の僧侶に対するお布施などは通常は料金に含まれませんので、この点も別途考えておく必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加