家族葬の流れの中で注意したいポイントとは

家族葬の流れの中では、実際に参列する人数を決めることがポイントで、多くは親族と生前親しかった友人という具合に限定して行うのが一般的です。会場に多くの人が参列する形にしないで、儀礼的・社交辞令的な弔問客を拒否する形で行われます。 近所の方などがいきなり訪れてしまい、慌てて粗相が起きることを防ぐ目的や、香典・供花などの管理などの手間を省く配慮もあります。他にも参列する会場が狭かったりすることや、予算をかけられない方が選択することも多いです。 ただ流れの中では、通夜・葬式・火葬・骨上げの流れは一緒となっており、通夜と葬式に参加する人数を限定するだけという見方もできます。注意したいポイントとしては、葬儀社によってサービスの質が違ってくることが多く、ここに葬儀社を選ぶポイントがあり、参列者以外の方への配慮も必要となることに留意をしておかなければなりません。

最適な葬儀社を選択するポイント

家族葬は儀式の流れがシンプルなので、費用面を抑制した状態で行えます。また葬儀社にもパックプランが充実しており、費用も割安で行うことができるようなサービスプランが用意されていて、料金もそれほどかからないと思いがちとなります。 しかし実際には葬儀の相場から割安なだけで、予算を絞り込んだとしても、相場ほど高くはないけれど結構な料金がかかってしまうことも多くなります。従って、小さなお葬式を目指していたのが、いつしかサービスが追加され、一般的な葬儀とほとんど変わらない状態になってしまうこともあります。そのため、前もって葬儀社とよく話し合っておく必要があります。 当然、葬儀社を決める場合にはあらかじめ見積もりをとりますが、一番良いのはスタッフの方に気軽に相談できて、一方的な意見を押し付けない葬儀社が優れています。その理由は、遺族の考えていることと葬儀社のスタッフの考えが違って食い違うケースが多く見られるからとなっています。

参列者以外の方への配慮も必要となる

家族葬を行う流れの中で、身内や親しい方のみが参列する形で行われますが、一番配慮しなければならないのは参列者以外の方です。生前交流があった方が亡くなってしまったら線香をあげたいと考えることは自然なことで、死を悼む気持ちは身内や親しい方以上にあったりします。 そのため、そういった方に粗相のない様に事前に訃報を伝えた上で「葬式を家族で行うため参列お断り」の通知を出しておくと良いでしょう。もちろん葬儀後に死亡の通知を出す場合には家族だけで執り行った旨を伝えます。 また死亡の通知の中で香典や供花については、辞退する旨などを伝えておくことも肝要です。どうしても気持ちとしての香典を受け取ってしまった場合にはお返しを行わないと失礼となりますので、お返しをしっかり行います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加