家族葬は家族の数だけ種類がある

近年、葬儀の在り方は多様化しつつあります。通夜式と告別式を行い、故人となんらかの縁があった方にできるだけたくさん参列していただく従来からのお葬式(一般葬)のほかに、故人の家族や親族のみで通夜と告別式を行う家族葬、通夜を省略して告別式のみ執り行う一日葬、そして儀式は一切行わず火葬のみする火葬式(直葬)などがあります。 この中で、最近は特に都市部を中心として家族や親族のみで葬儀を行うケースが増えてきました。もともと故人が高齢者で、お呼びする知人や友人がいないといったケースもあります。しかし近年特に増加している背景には、多くの弔問客への対応や事務作業に煩わされず、家族や親族のみで静かに故人をお見送りしたいと願う遺族が増えてきていることがあります。 また費用や葬儀にかかる手間(通夜ぶるまいや返礼品の準備など)を抑えられることも人気の理由のひとつでしょう。

故人の思い出の数々を飾って偲ぶ葬儀

家族や親族など気心の知れた間柄で行うため、従来からの習慣に縛られずにある程度自由なやり方で葬儀を行うことができます。 例えば、絵画や写真撮影を趣味とする故人だった場合は、葬儀会場に故人の作品を飾り愛用した道具を展示して偲ぶよすがとすることができます。故人が音楽を愛した人だった場合は、特に好んだ曲を葬儀の間流す音楽葬とするのもいいでしょう。お酒とおつまみやスイーツなど、故人が好きだった物を祭壇に供えてお見送りするといったケースもあります。まさに家族葬は、家族があるだけ種類もあると言っていいでしょう。 思い出の物に触れて家族や親族と故人の話に花が咲き、心行くまで語り合えれば、納得のいくお別れにつながるでしょう。それが家族のみで行う葬儀の最大のメリットといえるかもしれません。

葬儀を行う際に気をつけたいこと

しかし、実際に家族や親族のみで葬儀を行う場合は、葬儀社によってはこういった自由なやり方を理解せず協力してくれないことがあります。そういった葬儀社では単に小規模な一般葬といった捉え方しかしていないためです。葬儀社を選ぶ際は、どこまで理解があるか、どこまで家族の心情に寄り添った提案をしてくれるかを最初に確認する必要があるでしょう。 また、家族葬を行うときは、誰を呼んで誰を呼ばないかの基準をしっかり明確にする必要があります。知らせる必要のある間柄の相手を葬儀に呼ばなかった場合、後日訃報を知らせた時に相手が不快に思う可能性もあります。その場合、葬儀の連絡はして、しかし身内だけで行いたいので参列は遠慮してほしい旨をしっかり伝えるといった対策が必要となります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加